効果と副作用|ミノキシジルの効果と副作用/通販を使って個人で注文

効果と副作用

地面に転がる男性

ミノキシジルは元々血管拡張剤として開発された成分で、高血圧患者の治療に用いられていました。
しかし、ミノキシジルを使用していくうちに体毛が濃くなるという副作用が発見され、それ以降は薄毛を改善させるための医薬品として多くの患者に愛用されています。

ミノキシジルには2種類あり、髪が薄くなっている患部に直接塗る外用薬タイプと、服用することで体内から改善効果を出していく内服薬タイプが開発されています。
外用薬の場合、薄くなっている箇所にのみ塗布するため、不要な部分にも発毛作用をはたらかせることがありません。
しかし、自身で塗らなければいけないため、塗り方にムラがあると、当然生え方も不自然になってしまうのです。
一方、内服薬としてのミノキシジルは、体内から有効成分を吸収するため、血液に乗って全身へ有効成分が運ばれます。
そのため、効き目が満遍なく発揮され、ムラなく薄毛を解消させることができます。
ただし、内服薬としてミノキシジルを使用した場合、全身に有効成分が運ばれてしまうことから、副作用として多毛症が確認されています。
薄毛が進行している部分だけではなく、全身の体毛に対しても発毛作用が発揮されてしまい、全体的に毛深くなってしまうのです。
ただ、こうした副作用はあるものの、やはり効き目の強さと早さから、内服薬であるミノキシジルタブレットを愛用する人は多くなっています。